LESSON3★基本イメージ1編


アドレス編でやったよーに、真っすぐ立って両腕を胸に乗せシャフトを地面と平行にしてください。

(背骨の軸とシャフトは90度ですね)

このときに、腰の高さの体の正面にボールがあるとします。これで目標に真っすぐ打って!と言われたどー動きます?そうです、真っすぐ引いて、真っすぐだしますよね?


真っすぐ打ちたいのに、手でクラブを上に持ち上げると、振るときにはクラブは下に振って、ボールは下にいくし

クラブを下に引いちゃうと、ボールを上へ打ち上げるようになってしまいますよね?

そして、フェースの面で打ちたいのに開いて動いていくとそのまま戻ればフェースは上向いて当たりません。

つまり簡単に真っすぐ打つのであれば、構えた時の背骨の軸を真っすぐに、両腕の三角形を崩さないで、
手首の角度も変えないフェースの向きも変わらないで腰から腰までを地面と平行にふります。決して手だけで振るのではなく、体(肩)と一緒に動いて行きましょう。でも顔の向きだけは正面に向いておいてくださいね。
ポイント!!
腕が何か胸に乗らないぞ!?という方はクラブを持たないで、真っすぐ立って、腕を前からぐるっと上へ回してから気を付け!の姿勢をとると肩甲骨が後ろにあるような感じ。これで背筋が真っすぐです。

この姿勢で肩を前に出さないように気をつけて前習え!!で腕を胸の前に。掌を上に向ける、手と手くっつけてそのまま腕を下ろすと?胸の上に乗ったでしょ?ここでグリップ。

この時肘の内側は上を向いてるはず!実はこれが後から大事になります。
一番多いのは猫背になってる人!猫背ではお腹に腕が乗っちゃうし軸が曲がってたら真っすぐうごけないよ!

はい、ここまででゴルフは8割終了しました!(文章にするとややこしく感じますが、ようは正面のボールを真っすぐ引いて真っすぐ打つだけ!かんたんでしょ!?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です