飛び交う砂の嵐

 

飛び交う砂の嵐

ロウ型の作成が終わると、その方に砂(セラミック)をかける作業へ移ります。

砂のように見える白い粒は「セラミック」素材で、この後高温の火で焼きますので、その熱に耐えられるようにこの素材を使います。

これがそのセラミック素材。細かい砂みたいです。

まずロウ型に下地をつけます。

次に先ほどのセラミックの中へ入れます。

完成はこんな感じ。

そして温度を一定に保った部屋で乾燥させます。

乾いたら前回よりも粒子が大きいセラミックを再度塗布します。

砂の粒が大きくなりました。

また乾燥させて、同じ工程を繰り返します。粒子はさらに粗くなります。

最終的にはこんなごつごつした感じになります。

もはやこれがクラブなのかわからないくらいになってきました。

このごつごつした型を高熱で温めます。

お忘れかもしれませんが、この型にはロウで作った型が入っています。

それをこの機械で溶かしてロウを取り除きます。

流れ出てきたロウです。

ロウが完全に流れ出たあとは、中が空洞になっています。

これに鉄を流し込むのですが、これがまた大迫力!

次回詳しくお伝えしますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です