ゴルフヘッドは1枚の鉄板から

ゴルフヘッドは1枚の鉄板から

ゴルフヘッドの源は大きな鉄の板です。ここからすべてが始まります。
1枚の板がどのような工程を経てゴルフヘッドになっていくか、画像と合わせて解説していきます。

まずは大きな鉄板(チタン板)を用意します。

c5dd684ccfaa667810b0b51e894cdffd83368617.63.1.12.2

使う部分によって鉄板の厚さが異なりますので、厳密に厚さをチェックします。

5bac535769282a294c29cd24c82409b838ceb60a.63.1.12.2

その鉄板を大型機械を使ってくり抜きします。

sozai3

くり抜いたパーツを曲げるために金型の上に置きます。
使用する金型はモデルによって異なります。

sozai4

この金型に鉄板をのせてプレス機に置きます。

sozai2

プレスする前にパーツをバーナーを使って高温で熱します。
そしてプレスしてできたパーツがこれ。

sozai1

これはソール部分ですね。
クラウン・フェース部分も同様の工程で作られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です