Lesson4 グリップの基本(右手編)

(前回のあらすじ)
ゴルフの本質は「目標に向かってボールを運ぶ」こと。その為にはあれこれ考えてスイングするよりも、自然と体が反応する動きを取り入れればよい。
グリップも同じこと。どこでどう握るかとあれこれ考えるのではなく、「自然と握ってしまう場所」で握ってしまえばいい。

Lesson4 グリップの基本(右手編)

【右手の向きが重要】

前回のレッスンで、左手は生命線と平行に握ることが重要ということでした。
右手はというと、手のひらを目標に対してまっすぐ向けておくことが重要です。

イメージ的には「右手のひらの向き」=「クラブのフェースの向き」を意識して、右手のひらの向きとフェース面は平行になるようにして下さい。
クラブを地面に置いた時、フェースは目標方向を向いています。その状態で右手を開けたまま、真横から右手をグリップに当てます
こうすれば右手でフェース面を感じられるようになるのです。
また左手と同様に、右手も生命線と平行となるようグリップを握ります

右手のひらの向きとフェース面の向きは同じ。
グリップは両手ともに、手のひらに対して斜めに通る。

ここから右手で左手親指を包み込むのですが、その時に左手親指を右手親指の腹と生命線の凹みで包み込むようにすれば、両手がドッキングするのを感じられるところがある。
それが出来れば両手の一体感が高まるのを感じられると思います。

左手親指を右手親指の腹との生命線の凹みで包み込む。

最後に右手の人差し指と親指ですが、銃のトリガーを引くような形を作ります。その時に親指と人差し指のラインがしっかり閉まっているかを確認してください。

そして人差し指と中指の間に指が1本入るようにすれば、グリップの完成です。

また、フェース面に対して、上から右手が被った状態(ウィークグリップ)、下から握ってしまう(フックグリップ)になっていると、基本的にインパクトで右手はまっすぐに戻ってくるので、まっすぐにインパクトを迎えることが難しくなります。
なので、右手のひらを目標に対してまっすぐ向けることが重要なのです。

上から右手が被った状態(ウィークグリップ)
右手ひらが目標に対して上を向いてしまう(フックグリップ)

よくグリップは軽く握れ!と言われて、両手の指でグリップを引っ掛けるように握って、隙間を開けて握る人がいます。確かに軽くもってるようですが、打つときにグラグラしたり、緩んだり、逆にインパクトで力が入ったりします。

大切なのは、手のひらで隙間が無いように握って軽く持つという事です。

指だけで軽く握ろうとすると、クラブが不安定な動きをする。

これでグリップの形が決まりました。

最初でも話した通り、キレイで美しいグリップは上達の近道です。

逆に言えばキレイなグリップの形を作らなければ、なかなか上達しない、もしくは我流で上達したとしても、キレイなスイングを作りづらくなり、またグリップの形を作り直さなければなりません。

ぜひこの機会に基本を見つめ直し、キレイで美しいグリップを作り上げてください。

まとめ

  • 右手のひらは目標に対してまっすぐ向ける
  • 左手親指を右手親指の腹と生命線で包み込むようにする。
  • 人差し指と親指は、銃のトリガーを引くような形を作る。
  • 人差し指と中指の間に指が1本入るようにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です